赤坂クリニック ~地域のかかりつけ医をめざします~

赤坂クリニック【胃腸科・外科・内科・肛門科・リハビリテーション科】
クリニック基本情報 院長・スタッフ紹介 院長先生の診療日誌 施設のご案内 設備のご案内

設備のご案内

赤坂クリニックでは、以下のような治療器を用いて診療を行っています。
(※イメージ写真にマウスを置くと、写真が切り替わります。)

【001】電子カルテ・・・ Medical Station CLINIC

当院ではパソコンなどを使って患者様の診療情報(カルテ)を記録しています。1人の患者様が複数の医療機関にかかったときなど、検査や投薬の情報をスムーズに受け渡すことができますので、迅速で安全な治療を受けることができます。

■参考サイト
Medical Station CLINIC ホームページ
【002】内視鏡装置・・・ OLYMPUS LUCERA CV-260

内視鏡は、身体の中にある空間を観察する装置です。内科に関わるさまざまな病気、特にがんの診断、治療には欠かせないものとなっています。

■参考サイト
オリンパスホームページ《テクノゾーン》
オリンパスホームページ《ニュースリリース》
【003】X線フィルムTV寝台システム・・・ Winmind

いわゆる「レントゲン」です。
X線(レントゲン)装置で身体の内側を撮影し、病気がないかを検査します。的確な撮影をおこなえ、比較的短時間で検査ができるため、苦痛が少なく、効果的な診断が可能となります。

■参考サイト
東芝メディカルシステムズホームページ《Wimmind》
【004】ベッド型マッサージ器・・・ シーザス・ハイドラ

ウォーターベットタイプのマッサージ器です。
横になり、リラックスした状態でマッサージを受けられますので、例えば腰が曲がっている方でも、ほとんど負担がかかりません。

リハビリテーション室

■参考サイト
OG技研ホームページ
【005】自動間欠牽引装置・・・ スーパートラック

腰痛の型が仰臥位の姿勢をとるのは大変辛いものですが、こちらの装置で、椅子にすわる姿勢のままで牽引治療が行えます。

リハビリテーション室

■参考サイト
ミナト医科学ホームページ
【006】干渉電流型低周波治療器・・・ オージオトロンスーパー

干渉低周波を利用した治療法で、従来の数十倍高い周波数を用います。電気エネルギーによる不快感を感じることなく治療でき、治療部位に充分な刺激を加え、より高い治療効果を発揮します。

リハビリテーション室

■参考サイト
OG技研ホームページ

ページの先頭へ